その他

【高齢者】 

高齢者用可変型住居環境システムの評価:

高齢者用可変型住宅の総合的な評価を行った。主な評価対象は、電動スライドチェアによるトイレ、バスタブ、屋外デッキへのアクセスにおける、機能性、快適性、安全性である。

 

【高齢者】 

高齢者配慮福祉用具開発基盤調査:

福祉用具製造事業者における高齢者配慮製品の開発動向・開発事例を調査し、福祉用具産業が培ってきた技術やノウハウを生かした高齢者配慮製品の開発を進めるための技術要素や開発条件、流通・販売方法等を整理した。

 

【福祉用具】 

福祉用具開発に向けたニーズ及びシーズの現状分析に関する調査:

福祉制度が日本と米国では全く違うため福祉問題の扱い方も大きく異なる。また、「障害者」という概念が含むもの、「被介護者」の定義が、日本のそれと違う。日本は「高齢者」に特化した見方が主流だが、米国では「障害者」として包括的に捉える。

 

【福祉】 

欧州福祉介護機器調査:

欧州の介護機器メーカ、シルバータウン、介護施設を調査。

 

【福祉】 

米国福祉介護機器調査:

米国の介護施設、シルバータウン、高級高齢者マンションを調査。

 

【ロボット】 

地域中小企業の人間親和型ロボット産業創出・展開事業調査:

機械関連産業の再生ポテンシャルの高い岡山県南地域を対象に、集積技術を活かし得る有望分野である「人間親和型ロボット産業クラスター」の実現化構想を検討した。具体的には、まず、少子高齢化の進展に伴うニーズが高く、かつ中小地場産業の開発参画を期待できる福祉・介護分野をターゲットとし、地域ポテンシャル等の実態把握に基づく産業化の可能性・方向性の探索を行うとともに、産学官連携による地域産業ネットワークの形成、各種の条件整備等、人間親和型ロボット産業を基盤とした新産業の創出・展開を促進・活性化するための具体的な方策を検討。

 

【生物機能】 

生物機能活用型循環産業システム創造プログラム施策に係る関連技術動向調査:

経済産業省における本研究開発施策の事後評価を実施する上で必要となる①当該施策の技術動向、②当該施策及び事業に係る波及効果の分析等について調査し、適正な評価に資する資料を作成した。

 

【ビジネス支援図書館】 

ビジネス支援図書館に関する調査:

中小企業等の創業、経営革新の支援の裾野拡大のために「ビジネス支援図書館」の動きとの連携の可能性について検討した。図書館の持つ情報蓄積をベースに、Webやデータベース等を装備し、これを創業者、中小企業者の求めに応じ運用する司書を養成して、創業とビジネスを支援する機能を付加したビジネス支援図書館について、①パイロット事例、②市民サービスとしての可能性とあるべき姿、③中小企業支援策としての有効性、④既存施策との連携可能性等について、調査研究を実施した。

 

   * 研究・調査の一覧へ戻る